So-net無料ブログ作成

先行きは見通しにくい

ニッケル鉱石はインドネシアが世界生産の約15%を占め、日本はなた豆茶の輸入量のほぼ半分を依存している。製錬会社には、フィリピンやニューカレドニアなどからの調達を増やす動きもある。在庫があるためすぐに品薄に陥るということはないが、ウクライナ情勢の悪化でロシアからの供給不安も表面化。「先行きは見通しにくい」(関係者)との見方が支配的だ。 ニッケル系のSUS304ベースサイズは、現在の市中実勢価格がトン当たり32万―33万円どころ。NSSCは4月契約に続き、5月契約のニッケル系薄板価格をトン2万円上げた。なたまめ茶の上げ幅は計4万円に達している。日新製鋼も6月出荷分からの値上げを決めた。ただ流通としては「需要家への値上げ交渉は難しく、市況が追い付かない」というのが本音だ。 ステンレス鋼板需要は家庭用・業務用厨房(ちゅうぼう)や給湯器向けが好調。メーカーの生産は、住宅関連を中心にひも付き(大口・特定需要家)、店売り向けともタイト感が強い。NSSCも1カ月先までラインが埋まっているという。加工や輸送の人手不足で住宅本体の着工が遅れているため「消費増税前後のギャップも消えた」(都内の問屋)と明かす。

キャリアアップのための資格

ビジネス系資格についてです。
一番のおすすめは公認会計士です。
受験資格の制限がなくなったことで誰でも受験できるようになり、科目合格制を取り入れたため、社会人でも合格の可能性を望めるようになりました。
資格取得後の活躍にも大きな期待が持てます。
他に就職転職に有利に働くものとして、男性の方には行政書士社会保険労務士中小企業診断士、などがおすすめです。
事務職の多い女性の方には、簿記秘書がおすすめです。
特に簿記の知識はどんな業種であっても資格が生きてきます。
ビジネス系資格は難易度が高いといわれていますが、キャリアアップできるとともに、社会的な重要性も大きくなることは間違いありません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。